もうすぐ1年生だもん!

ランドセルは何色にしようかなー。
どんなお友達ができるかなー。
親も子どももワクワクドキドキの小学校入学。
小学校入学を迎える子どもたちの気持ちや、就学前の子どもたちを受け持つ保育所や幼稚園の先生の想い・・・。
就学前の子どもたちにとって大事なことを毎月連載していきます。

第8回目小学生のプールってどんな授業?

水泳教室に通っていたり、水遊びが全く怖くない子どももいれば、逆に水が怖い・まだ顔をつけれない子どもさんと「プール=水」の得意不得意はいろいろですね。
そこで、今回は小学校1年生のプールの時間は、どういったことをするのかなど、ちょっと気になるプールの時間について、現在、小学校1年生を担任されている先生にお聞きしました。

まずは安全に。決まりを守って水遊びから

shugaku08031

Q:小学校のプールの時間は、どのような内容からはじまるのですか?

A:プールに入るまでの準備から始まります。
  安全にプールに入れるように、準備体操や先生の話をよく聞く、決まりを守る(プールサイドは走らない)など、約束して水遊びを楽しめるようにしています。また、水着への着替え、脱いだ服の整頓がきちんとできるようにしておきたいですね。

最初は顔に水がかかることを嫌がっていた子も徐々に

Q:まだプールで顔を水につけられないんです。小学校1年生でも顔をつけられない子どもっていますか?

A:多くの子どもさんは、顔を水につけたり、水がかかったりすることに抵抗はなさそうです。
水が顔にかかることに抵抗のある子どもさんは、クラスに数名いますが、お友達と遊びながらプールや水に慣れていくので、徐々にできるようになりますよ。

低学年用のプールや水深を浅くする工夫も

shugaku08021_1

Q:背がすごく小さいので、プールの水深が気になります。1年生から普通のプール(水深があるところ)に入るんですか?

A:学校によっては、低学年用の水深が浅いプールが設置されています。
水深が浅いプールがない学校でもプールフロアと呼ばれるポリ塩化ビニル製のものを利用してプールの一部を浅くするなどして配慮していますので、安心してください。

水に慣れさすのは、楽しく水遊びから

shugaku08011_1

Q:1年生のプールの時間に、ひとりだけ水をこわがって楽しめなかったり、ひとりだけ泳げなかったりだと、どんどんプールが嫌いになりそうで心配です。
就学前にしておいたほうがいい事や、家庭でできる水に慣れさす方法があれば教えてください

A:1年生のプールの時間では、水に親しめるように鬼ごっこをしたり、フラフープなどの用具を使った水遊びをしたりしています。そういった遊びを通して、一人ひとりが顔をつけ、浮く、泳ぐなどそれぞれに目標を達成していけるように工夫しています。
ご家庭でも、お風呂での顔つけや水遊びに親しんで、水への恐怖心を遊びながらすこしでも克服できればいいですね。
また、水着の着替えは、子どもにとって難しいものなので、ご家庭で水遊びなどする際に自分でやってみるなど、練習しておくといいですね。

回答してくれた方のご紹介

さんちゃん先生

徳島県在住。小学校教師歴9年
徳島県内の公立小学校で現在、1年生の担任している現役小学校教師

最後に…

1年生のプールの時間は、楽しく水に慣れることを大事にしてくださると聞いて、ほっとしたママパパも多いのではないでしょうか。
息をとめておくことも難しく、ちょっとでも鼻に水が入ってしまうと、恐怖心が芽生えてしまうこともあるかと思います。水に慣れる「練習」というのではなく、「遊びを通して」水に慣れていくこと、楽しく!が大事なんですね。
プールの時間が嫌いにならないように、水遊びや夏以外でもお風呂で遊びながら顔をつけるなど、少しずつ水に慣れていけるといいですね。また、一人で水着を脱ぎ着するのも子どもたちにとっては難しいかもしれないので、ご家庭のお風呂の時間を有効活用して、ママパパが優しく教えてあげてくださいね。