もうすぐ1年生だもん!

ランドセルは何色にしようかなー。
どんなお友達ができるかなー。
親も子どももワクワクドキドキの小学校入学。
小学校入学を迎える子どもたちの気持ちや、就学前の子どもたちを受け持つ保育所や幼稚園の先生の想い・・・。
就学前の子どもたちにとって大事なことを毎月連載していきます。

第9回目お友達ができなかったらどうしよう

同じ保育施設や幼稚園からのお友達が就学先にいないけど、お友達できるかな…と子どもはもちろんママパパも少し心配に思うときありますよね。
入学後、お友達ができるようにどんな活動をしているのかを、何度も小学1年生を担任されたことのある先生にお聞きしました。

新しいお友達との出会いを大切に

901

Q:同じ園から就学するお友達がいないので、休み時間などに誰とも遊ばず、話もしないといったさみしい一日を過ごすかもと思うと親子そろって不安でいっぱいです。

A:知っているお友達がいないと不安になる気持ち、よくわかります。
大人でもそういった環境では不安になりますよね。
楽しい小学校生活がスタートできるように、新しいお友達との出会いを特に大切にしています。
生活科の時間などで手作りの名刺を交換したり、音楽の時間では曲に合わせて手遊びをしたりして、たくさんのお友達と関われるようにしています。そうするうちに、休み時間にも自然と話しかけ合って遊びの輪が広がっているようですよ。

まずは近くの席のお友達から

902

Q:自分から話しかけるのが苦手なのですが、1学期の間にお友達はできるのでしょうか。

A:どの子もが積極的に話しかけることができるわけではありません。
朝の会や帰りの会でのお話コーナーで、話をしたり質問したりすることや、授業中に自分の考えを隣の席の子と話す活動を重ねて、話しかけるきっかけを作っています。
また、いつも決まったお友達と遊ぶ子もいますが、したい遊びが同じ子で自然と集まって会話も弾み、友達になっている様子が見られます。

遠足がお友達作りのきっかけに

903

Q:5月に遠足へ行く学校もあると聞きました。同じ園からきたお友達がいないので、お弁当や自由時間で一人にならないか心配です。

A:遠足に行く前に、一人で食べないように、誰かと一緒に食べようねと話しています。もし、一人でいる子がいたらどうする? などと話し合ったりもしています。
実際に行ってみると、声をかけあってグループを作り、どの子も楽しそうに過ごしていますよ。 保護者の方が心配されるお気持ちもわかりますが、遠足で一緒にお弁当を食べたり、おやつの話で盛り上がったり、また、自由時間もあるので一緒に遊んだりと遠足をきっかけにお友達ができた・増えたという場合が多いですよ。

回答してくれた方のご紹介

さんちゃん先生

徳島県在住。小学校教師歴9年
徳島県内の公立小学校で現在、1年生の担任している現役小学校教師

最後に…

同じ園からきたお友達がいない子や輪に入るのが苦手な子、自分から話しかけるのが苦手だったり、大勢でいることが苦手だったり・・ママパパは学校でさみしい思いをしないかなと不安ですよね。

担任の先生は、休み時間に一人ぼっちでいる子がいないか、友達とどんな様子で過ごしているかをちゃんと見守ってくれています。
そして、みんなで遊んだり関われたりする活動を多く取り入れ、いろんなお友達とコミュニケーションをとり、楽しく安心して学校生活を送れるようにいろいろ工夫をしていただいているみたいなので、1学期が終わるころには、自然とお友達もできているんですね。
あまり「お友達できた?」と聞いてしまうと、逆にプレッシャーになってしまうこともあるようなので、ママパパも温かく子どものペースでお友達ができるまで見守ってあげるといいですね。